Opt Technologies Magazine

オプトテクノロジーズ 公式Webマガジン

技術解説

サーバーサイドGTMのCloudRunマルチリージョン構成での構築手順

マルチリージョン構成でのサーバーサイドGTMの構築手順を紹介していきます。

サーバーサイドGTMの動作環境をGoogleAppEngineとCloudRunで性能比較した

サーバーサイドGTMの動作環境をGoogleAppEngineとCloudRunで性能比較したので紹介していきます。

サーチ広告パフォーマンス予測への挑戦――ハンドクラフト特徴量は時代遅れではない!

拡張テキスト広告のCTRを予測するために、制作者やコンサルが考えた広告の重要な要素を特徴量に変形し、深層学習と組み合わせてみました。

インフラにおけるCPUアーキテクチャに対する考察

CPUアーキテクチャの違いによる傾向と性能の検証を行いました。こちらではその検証について紹介していきます。

GCP Workflows のワークフローを動的に生成するバッチ処理

FeedTerminal プロダクト内での、GCP Workflows の使用事例を紹介します。

仮想通貨の価格予測コンペティションで優勝した話

データ分析コンペティションに取り組んだことについて紹介します。

AWS請求代行という錬金術

広告配信実績データの分析プロジェクトの紹介

AIソリューション開発部が行った分析プロジェクトについて紹介します。

ecs-cli compose runの挙動を勘違いして全てのコードがCIをすり抜ける状態になっていた話

ecs-cliの把握していなかった挙動により、問題があるコードでもCIをすり抜ける状態になってしまったので、その詳細と対処として行ったことについて紹介します。

広告効果計測ツールのデータを社内のデータ基盤システムに自動でアップロードするシステムの紹介

社内の業務効率化を目指して開発した、各種広告効果計測ツールのデータを社内のデータ基盤システムに自動でアップロードするシステムを紹介します。

動画スクリーンショット自動化ツールの紹介

AIソリューション開発部にて社内の業務効率化ツールとして開発した動画広告のスクリーンショット自動化ツールについて解説します。

サービス間連携のためのGraphQL APIをClojureで開発している話

社内共有のマスタデータ基盤としてのGraphQL APIをプログラミング言語Clojureで開発している事例をご紹介します。

「イラスト付き解説」BERTとELMo等(NLPはどうやって転移学習を突破できたのか)

BERTの解説記事を英語から翻訳しました。

2年間を振り返った、自然言語処理の難しさ

2年間携わってきたウエブサイトチェックの自動化プロジェクトと自然言語処理の難しさについて、記述させていただきました。

Introduction to Scala 3

先日のScala Days 2019の基調講演などでも触れられた通り、いよいよDottyあらためScala 3のリリースが近づいて来ました。既にScala 3の仕様のかなりの部分は、Dottyとしてユーザが利用できる状態になっています。この記事では、Scala Daysでの講演スライドお…

オプトのログ収集基盤のお金とアーキテクチャの歴史

この記事では、オプトのログ収集基盤の日々増えていくリクエスト数と、膨れ上がっていくインフラ費用に対し、アーキテクチャがどのように変遷していき、どのような苦労があったのかを簡単に紹介していきたいと思います。

アプリマーケティングのためのログ分析基盤「SpinApp」の紹介

こんにちは。SpinAppチームでリードエンジニアをしている鈴木省吾(@munaita_)です。今日はオプトが提供するアプリマーケティング用のログ分析基盤であるSpinAppのサービスと技術を簡単に紹介します。

アプリのリテンションをSQLで出して可視化する

アプリの3つのリテンションについて、実際にSpin Appチームで行なっている分析をSQLの解説を中心にご紹介します。

ScalikeJDBC-BigQuery

ScalikeJDBCを使ってBigQueryにアクセスするための拡張ライブラリscalikejdbc-bigqueryについて紹介します。

アプリのトラッキング6大手法まとめ 2016

アプリにおける、インストール・トラッキング(流入元判定)手法をまとめます。

Migrating to ScalikeJDBC 2.4.x

ScalikeJDBCは2.4系になってさらに便利になりました。 この記事では、2.3系のユーザを対象におもな変更点を紹介します。

shapeless入門(jsonコンバータ)

Scalaは静的型付け言語で強力な型システムを備えてますが、もっと型の力を引き出したい時に 便利なのがshapelessというライブラリです。 この記事ではjsonコンバータを例にshapelessの使い方をご説明します。

Play2を使うならAkkaも使っちゃおうぜな話

並行処理してますか?(挨拶) ScalaのWebフレームワークとして有名なPlay Frameworkには、標準でメッセージパッシング型並行処理ライブラリであるAkkaが添付されていて、Akkaのアクターを簡単に導入できるようになっています。 どんなものなのか、是非とも…

EMR上でScala2.11ビルドのSparkを動かす。

Spark公式、あるいはEMRではScala2.10系でビルドされたSparkが利用されていますが、 プロダクトではScala2.11を使っているため、SparkバッチでもScala2.11を使いたいと思い試してみました。