読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Opt Technologies Magazine

オプトテクノロジーズ 公式Webマガジン

社内ハッカソンを開催しました

ハッカソン 職場環境

img

本稿では、先日実施した社内ハッカソンについて書いていきます。

ご挨拶

Opt Technologiesで人事をしている勝股(id:peroli)です。採用、広報を主軸として組織の課題解決に関わっています。他に、業務と関係ないところで少しだけSwift触ってたりします。技術的な内容は書けないので、私の投稿では社内の様子がわかるようなものを書いていこうと考えてます。

社内ハッカソンとは

開発技術の向上や開発モチベーションの向上等を目的として、社内のエンジニアがまるっと1営業日を充て業務・業務外問わず開発をし続けるハッカソンです。二ヶ月に一度を目処に開催しており、今回のハッカソンは下記のような流れで行いました。

  • キックオフMTG(ハッカソンの流れ説明、チーム分け等)
  • もくもくタイム
  • 発表会

当日の様子

朝一にキックオフMTGが始まり、司会が当日の進め方を説明します。スクリーンに映っているのは仙台の開発拠点チームです。右下のエンジニア、プレッツェルを食べながらキックオフしてますね。

img

進め方の説明が終わり、個人個人がやりたいことを発表していきます。ここで誰かの案に乗っかったり、乗っかられたり、チーム編成が始まります。

img

img

チーム分けでは下記のようなテーマ毎にチームが組まれました。

img

チームが組まれてからは、各自思い思いの場所で開発を始めます。

img

たのしそう。

img

仙台のエンジニアと連携して開発を進める東京のエンジニアもいたりします。

img

そして成果物発表。

img

img

img

img

Slackにポストした内容を形態素解析でポジネガ判定して、結果を返すようなbotができたり、

仙台で雨が降っているか判定するbotができたりしました。

img

ちなみに各成果物に対しては後日投票を行い、「Best Hackers賞」や「自分もやってみたかったで賞」等表彰を行いました。景品はSORACOMさんのsimカード!そして打ち上げまでが社内ハッカソンということで、成果物の発表後は打ち上げへ。

img

img

img

会の締めは「n本締め」という各者好きなだけ拍手をして締めるという奇行で締めくくり、社内ハッカソンを終えました。(次回は私も参加してみたい…!)

以上、レポートでした。

WE ARE HIRING!!

Opt Technologiesではエンジニアの採用に引き続き力を入れています!ご興味をお持ちいただけた方は下記Wantedlyの求人や私のFacebookTwitterまでご連絡いただけますと嬉しいです!

www.wantedly.com